釣り体験ブログ

沖縄で運転するときの注意点とは?ドライブを楽しむために知っておくこと

2019年07月31日 沖縄釣り情報

こんにちは!沖縄の初心者向け釣り体験ショップ「沖縄釣り体験クラブ」です。


沖縄で行きたい場所へ移動しようと思ったら、レンタカーが便利。

でも、慣れない車で初めての道路を走るのは、ちょっと注意が必要です。

沖縄の交通事情や運転する際に気をつけることを知っておくと安心ですよ。


楽しいドライブも運転が長くなると疲れてくるもの。そんな時はしっかり休憩しましょう。また、「釣り」など沖縄ならではの気分転換もおすすめです♪


今回は、沖縄で運転する際の注意点などについてご紹介します!


okinawa-road.png




運転の際に気を付けることについて

沖縄の道路事情をご紹介します。ドライブ前に知っておけば、注意しやすくなりますよ。



渋滞が多い

沖縄は車社会なのですが、幹線道路の本数は限られています。少ない道に多くの車が押し寄せるので、慢性的に渋滞が発生します。


特に那覇など都市部の通勤通学時間帯は必ず渋滞しますし、空港周辺もしばしば渋滞します。観光地周辺なども週末や休日には渋滞です。



バスレーン

バスは沖縄の重要な公共交通機関です。朝と夕方の時間帯には、バス専用車線である「バスレーン」、「バス専用道路」が設けられています。

朝夕の混雑時でもバスを円滑に運行できるようにするため、一般車両の通行は認められていません。

空いているからとバスレーンを走行すると、警察につかまることもあるので注意しましょう。



中央線が変わる

渋滞解消のため、交通量にあわせて道路の中央線の位置が変わる「中央線変移」という時間規制がかかる道路があります。


那覇市内など限られた区間だけですので、どの場所の中央線が変わるのか確認しましょう。うっかり間違えると道路を逆走することになるので要注意です!



滑りやすい

沖縄の道路の舗装には、大昔のサンゴ礁からできた石灰岩が使われています。

砂や砂利を使った道路に比べ、石灰岩を使った道路は車の走行などによって摩耗しやすく、滑りやすいのが特徴。特に路面が濡れている時は注意が必要です。



動物飛び出し

ヤンバルクイナなど貴重な生き物が数多く生息している沖縄ですが、生き物が道路で車にひかれる事故は後を絶ちません。そのため動物飛び出し注意の標識があります。


この標識を見かけたら車を減速したり、道路上の生き物に注意して運転しましょう。万が一ひいてしまったら、野生動物保護センターか警察へ連絡を。




沖縄の運転マナーと、沖縄での運転は初めてという人へ

road-okinawa.png


レンタカーでドライブする前に沖縄の運転マナーの現状を知っておくのがおすすめです。

注意すべきポイントも併せてご紹介します。



沖縄の運転マナー

大部分の人は安全運転ですが、時にはこんな運転を見かけることもあります。


ウインカーを出さない車

交差点で左右に曲がる時、車線を変更する時などにウインカーを出さない車に出会うことがあります。


バイクのすり抜け

車の間をすり抜けていくバイクがあります。特に渋滞の時に目立ちます。


左側が追い越し車線??

追い越し車線である一番右端の車線を、制限速度以下で走る車があります。

しかたなく左側の車線から追い越す車が現れて、結果的に左側が追い越し車線になってしまうことがあります。


片側1車線の道路をゆっくり走る

片側1車線の道路でもゆっくり走る車は存在します。後続の車が長い行列になることもありますが、先頭の車が道を譲ったり速度を上げたりすることは稀です。



沖縄での運転は初めての人へアドバイス

こんな事に注意してドライブ中のストレスを減らしましょう!


時間に余裕のあるスケジュールを立てましょう

渋滞が頻発するので、カーナビの時間通りに移動できないことは日常茶飯事。スケジュールを立てる際は時間に余裕をもたせましょう。


独特の道路事情に気をつけましょう

時間帯によって一部車線がバスレーンになったり、中央線が変わるなど、複雑な使い方がされている沖縄の道路。時間帯や道路標識に十分注意して走行してください。


十分な車間距離をとりましょう

滑りやすい路面、突然の右左折、車線変更、バイクのすり抜けなどは直面すると慌てますね。ですが十分な車間距離があれば、落ち着いて対応できます。


Yナンバーに気をつけましょう

米軍の人々やその家族が運転する「Yナンバー」と呼ばれる車があります。この車と事故を起こすと日本の警察とアメリカの警察がやってきて複雑な手続きが必要になりますので、注意しましょう。


スピードの出しすぎに注意しましょう

沖縄の高速道路は制限時速が80kmです。高速=100kmと思って走っていると、スピード違反になってしまいます。




運転に疲れたら船に乗るのも気分が良い!

okinawa-fishing.png


沖縄でドライブする際に気を付けること、色々とご紹介しましが、何より運転は安全第一。

疲れたら早めの休憩と気分転換をしましょう。


ドライブの休憩には道の駅やサービスエリアが定番ですが、ちょっと目先を変えて沖縄の海で船釣り体験もおすすめ♪

運転の緊張感から解放されて、真っ青な大海原を船で駆ける爽快感は最高です!魚が釣れれば気分も盛り上がるでしょう!


ちなみに、沖縄釣り体験クラブの釣りプランは「家族みんなで釣り体験プラン」と「ボートチャータープラン」の2種類。

どちらのプランも手ぶらで参加OK。釣り竿や餌など釣りに必要なものは全てプラン料金に含まれています。所要時間は「体験プラン」が1時間半ほど、「チャータープラン」が3~4時間ほどです。


すっかりリフレッシュした後は、沖縄ドライブをより一層楽しめますよ!

運転に大切なのは時間の余裕と心の余裕。しっかり気分転換をして安全なドライブを!




【まとめ】沖縄での運転を気をつけて、沖縄観光を楽しもう♪

那覇を中心として毎日おこる渋滞、バスレーン、中央線変移などの交通事情は、車社会の沖縄ならでは。道路が滑りやすかったり、動物の飛び出しがあったりするのは沖縄の地域性です。


運転マナーにも独特な面があって、レンタカーを運転する人はイライラしたり、戸惑うことがあるかもしれません。事前に沖縄の特徴を知って、時間と車間距離、そして心に余裕を持てば大丈夫です。


運転に疲れたら休憩や気分転換を。釣りプランで沖縄の大海原へ繰り出すのもおすすめです!


せっかくの沖縄旅行、安全運転でドライブを楽しんでくださいね!



関連記事

  • 沖縄に関わるオススメの自由研究(小学生向け)をご紹介!の画像

    2019年06月30日 沖縄釣り情報

    沖縄に関わるオススメの自由研究(小学生向け)をご紹介!

  • 北日本出版社「シリーズ戦争 語りつごう沖縄1 沖縄県と自然の文化」に出典しました!の画像

    2019年05月28日 沖縄釣り情報

    北日本出版社「シリーズ戦争 語りつごう沖縄1 沖縄県と自然の文化」に出典しました!

お気軽にご相談ください。

TEL.098-989-7870【電話受付時間】 7:30~19:00

お問合せ・ご予約

集合場所:真栄田漁港
駐車場完備
〒904−0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田1398-6