釣り体験ブログ

沖縄に生息するクラゲとは?刺された時の対処法も紹介

2018年10月27日 沖縄釣り情報
facebook

こんにちは!沖縄の初心者向け釣り体験ショップ「沖縄釣り体験クラブ」です。

「沖縄ってクラゲは出るのかな?」

海水浴をおもいっきり楽しみたいけど、頭の片隅にそんな不安がある方はいらっしゃいませんか?

実は沖縄でもクラゲによる被害は多くあり、平成29年度では100件を超える被害報告がされています。


今回は本土とはずいぶん環境の違う沖縄の海の事情と、海水浴で要注意のクラゲについてご紹介していきます。


kurage.jpg



沖縄の海水浴シーズンはいつからいつまで?

そもそも沖縄の海には何月まで入れるのでしょうか?


本土と比べて気温も水温も高い沖縄では、ハイシーズンの7月〜8月だけではなく、3月〜12月頃まで海水浴を楽しむことができます。


ただし、温度の低い時季は体温を奪われやすいので、何か着て泳いだりなど対策が必要です。


また、9月は台風が接近する確率が高いので、旅程は余裕をもって計画することをおすすめします。


詳しくは、過去ブログ沖縄の海は何月まで入れるの?をご覧ください。



沖縄にいるクラゲの種類とは?

沖縄にいるクラゲについて、ご説明いたします。


クラゲが出る時期って?

海にクラゲ...と聞くと、こんなイメージをお持ちではないでしょうか?

「夏のピークが落ち着いたお盆から9月頃には、海にクラゲが大量発生する」


実は沖縄の海は例外で、クラゲの被害報告の86%以上が7月と8月に集中しています。


したがって海水浴を楽しむ観光客が多いハイシーズンにも、クラゲと遭遇する可能性は高いと言えます。


さて、沖縄にいるクラゲとはどんな種類のものがいるのでしょうか?

シンプルに、2種類のクラゲだけ覚えておけば大丈夫でしょう。


沖縄で最も注意すべきクラゲ「ハブクラゲ」

kurage-kiken.jpg


沖縄のクラゲ被害の大半、また海の生き物による被害の半分近くがこの「ハブクラゲ」です。


刺されると激痛を感じ、最悪の場合死に至る場合もある程の猛毒を持っています。


身体の色が無色透明で肉眼で発見しづらいことと、餌を食べに浜の方まで近づいてくるため、被害が多いです。


人間に接触しやすい特性を持つクラゲなので、要注意です!


「カツオノエボシ」にも注意

okinawa-kurage.jpg


被害は少ないですが、同じく猛毒を持つ「カツオノエボシ」という真っ青のクラゲにも注意が必要です。


体長は10センチ程度の小ぶりですが、浮き袋から伸びる触手は50センチまでの長いものも生息しています。


台風など海の中がかき回された後は遭遇率が高くなります。

場合によっては浜に打ち上げられている時もあるので踏まないようにご注意を。


クラゲの予防策はどうしたらいい?

Jellyfish prevention net.jpg


①クラゲ防止ネット付の海水浴場を選ぶ

一番は上の写真のような「クラゲ防止ネット付の海水浴場に入る」ことです!


沖縄の多くの海水浴場ではクラゲが侵入しないように浜から50メートル程までネットを張り巡らしています。


完全なる柵ではないので100%大丈夫とは言えないですが、この中で泳ぐ分には概ね心配は要りません。

もちろんこの範囲でもカラフルな魚やサンゴを見ることができるでしょう。


沖縄県内のクラゲ防止ネットのある海水浴場MAPは、沖縄県のHPからダウンロードができます。


気をつけよう!!海のキケン生物(クラゲネット設置ビーチ/PDF)



②遊泳中に肌を出さない

また、遊泳中には肌を出さないことも大事です。


腕と脚がしっかり隠れる長袖とスポーツスパッツを身につけ、クラゲの触手が直接触れないようにするだけで全然違います。

手袋までつけたら完璧ですね。


年々増える沖縄への観光客ですが、それに対してクラゲの被害件数は少しずつではありますが減少傾向にあります。


対策をしっかり行えばあなたがクラゲ被害に遭うことはないでしょう。



どんな症状が出たらクラゲ?対処法は?

injury.jpg


十分に対策をとっても万が一クラゲに刺された場合、どうしたらよいでしょうか。

そもそも、どんな症状ならクラゲを疑えばよいでしょう?


海で泳いでいる間に痛みを感じたら

症状として、海で泳いでいる間に「突然強烈な電気が走ったかのような痛み」があった場合は、クラゲに刺された可能性が高いです。


刺された箇所が炎症を起こし、触手の痕が残るかのようにミミズ腫れになっていきます。


ここで最も大事なことは、痛みでパニックになり溺れてしまわないこと。


ライフジャケットを着ていれば問題はないのですが、素潜りの場合ではよくあるケースのようです。

大きな声で叫んで周囲の人に知らせて、落ち着いて岸まで上がりましょう。


岸に上がったあとの対処法

岸に上がったら、刺された箇所に残っている細胞を取り除きましょう。


ほとんどのクラゲ被害はハブクラゲなので、「食酢」をたっぷりかけます。


無い場合は、海水でも構いませんのでしっかりと洗い流してください。


※ただし、カツオノエボシの毒には食酢は逆効果です!

台風の後やフェリーで沖まで出て刺された場合は、カツオノエボシの可能性をみて、海水で洗い流しましょう。


どちらのクラゲも、真水では洗ってはいけません。

浸透圧の関係で、余計に毒を発射することがあります。


細胞がとれたら患部を冷やし、すぐに近くの病院で診てもらうのが賢明です。



沖縄の海で釣り遊び♪クラゲの被害もありません。

クラゲが怖いけど、何か海で遊べるものはないかな...とお悩みの方。

クルージング気分で釣り遊びも楽しいですよ!

クラゲ被害の心配もないので、小さなお子様連れの方にもオススメです!


当店「沖縄釣り体験クラブ」は、季節を問わずクルーザーに乗って本格的な釣りを誰でも楽しめるアクティビティをご案内しています!


海水浴ができないシーズンでも沖縄の海をプチクルージング気分で繰り出し、海水に浸かることなく青い海やカラフルな魚を堪能できるのが、一年中人気の理由。


釣り道具は全てレンタルOK!釣り初心者の家族やカップルもお気軽に楽しんでいただけますよ!



まとめ

沖縄ではクラゲは7月〜8月のハイシーズンに被害が多数報告されていて、遊泳中は常に油断できない状況です。


しかし肌を露出させないで泳いだり、クラゲ防止ネット付きの海水浴場で泳いだりすることで、概ね対策は問題ありません。


万が一刺されたら、食酢や海水で洗い流しましょう。

また、クラゲの被害もない海遊び「釣り体験」も、ご参考にしてくださいね!



関連記事

  • 沖縄で運転するときの注意点とは?ドライブを楽しむために知っておくことの画像

    2019年07月31日 沖縄釣り情報

    沖縄で運転するときの注意点とは?ドライブを楽しむために知っておくこと

  • 沖縄に関わるオススメの自由研究(小学生向け)をご紹介!の画像

    2019年06月30日 沖縄釣り情報

    沖縄に関わるオススメの自由研究(小学生向け)をご紹介!

お気軽にご相談ください。

TEL.098-989-7870【電話受付時間】 7:30~19:00

お問合せ・ご予約

集合場所:真栄田漁港
駐車場完備
〒904−0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田1398-6