釣り体験ブログ

沖縄の2月の海についてご紹介。冬の楽しみ方もチェック!

2019年12月29日 沖縄釣りの季節について
facebook

こんにちは!沖縄の初心者向け釣り体験ショップ「沖縄釣り体験クラブ」です。


沖縄旅行を計画していると、やっぱり「海」が気になりますよね。2月といえば日本全国厳冬期。沖縄もまだまだ冬の気候です。2月は海水温が年間で最も低い上に冷たい北風も吹くので、海は寒いです。ダイビングショップなどで楽しむことはできますが、夏のような海水浴はさすがにできません。


でもそこは沖縄。ビーチで海水浴がダメでも海を楽しむ方法があるのです!そして、陸上でも2月ならではのイベントや観光がたくさんあります!


今回は沖縄の2月の海についてご紹介しつつ、冬の沖縄の楽しみ方もお伝えします!


Okinawa beach.png



2月の沖縄の海についてご紹介

2月の沖縄の海水面の温度は21℃程(1981年から2010年の平均値:気象庁より)になり、1年で最も低くなります。8月の平均水温が29℃ですので、真夏より8℃低い温度です。


東京周辺の海を例にすると、21℃は11月ごろの水温に相当します。11月に海水浴をする人はなかなかいませんよね。沖縄でも2月に海水浴をする人はいません。


実際、沖縄でも2月のビーチ(海水浴場)はオフシーズンです。管理されているビーチの多くが遊泳禁止となっています。遊泳が禁止されていないビーチもありますが、水着で入るには寒すぎます。がんばって海に入っても、濡れた体を冷たい北風にさらすことになります。風邪をひいてしまってはせっかくの沖縄旅行が台無し。海水浴はしない方が無難です。


ちなみに、2月の天気は、曇りの日や雨の日(大雨ではない)が多く、日照時間が1年で最も少なくなります。2月の沖縄(那覇)の平均気温は、2月上旬:16.4℃、中旬:17.5℃、下旬:17.6℃(1981~2010年の平均値:気象庁より)。



2月の海は一番寒い。海に入るなら冬用のウェットスーツ着用を!

Okinawa sea anemone.png


年間で一番寒い2月の海。気温はだんだん暖かくなっていき、季節は春に向かって動き出しますが、海の中はまだ冬真っ盛りな2月です。


しかし、水温が最も低くなる2月の海だからこそのメリットもあります。

1つは、プランクトンが少なく、透明度が抜群であること。沖縄の海は夏でも高い透明度を誇りますが、その夏の海よりもさらに透明度が高くなるのが冬の海です。澄み切った水の中では、サンゴや熱帯魚、カラフルなウミウシなどの生き物が、ひときわ鮮やかに見えます。


また、もう一つのメリットは、ダイビングをする人の数が少ないこと。2月は沖縄旅行もオフシーズンに当たり、観光で沖縄を訪れる人はそれほど多くありません。人気のダイビングスポットも空いているので、ゆっくりとダイビングを楽しめる時期といえます。


海に入りたい場合は、ダイビングショップに行きましょう。

ダイビングショップでは、季節に合わせたウェットスーツやドライスーツをレンタルできます。冬は厚手の生地で作られた長袖長ズボンの冬用のものをレンタルしているので、しっかり防寒対策をしたうえで海に入ることができます。フードベストなどのインナーを着用すると、さらに寒さを防げますよ。

沖縄で人気のダイビングスポット「青の洞窟」も、ウェットスーツを着用すればダイビングが可能です。



2月のおすすめアクティビティ

okinawa-sea.png


海に入るにはそれなりの装備が必要な2月ですが、「海に出るだけ」なら特別な装備なしで沖縄の海を満喫できます!

また陸でも2月ならではの楽しみがありますのでご紹介します。


海で楽しむアクティビティ

船で海に出れば、水に濡れずに海を体験できます。


■ホエールウォッチング

ホエールウォッチングは冬限定のアクティビティ。出産や子育てのために沖縄の海にやって来るザトウクジラを、ボートから観察します。野生のクジラなので必ず遭遇できる訳ではありませんが、2月はクジラとの遭遇率が高いといわれています。


■釣り体験

船からの釣り体験もおすすめです♪ 魚が釣れるのを待つ間に、船べりから透明度抜群の海を覗けば、海中を泳ぐ魚が見えることもしばしば。自然の魚の躍動感を体感できます。運が良ければ遠くにクジラを見かけることも。


2月の海上は、冷たい北風が吹くので体感ではかなり寒く感じるので、服装は薄手のダウンとウインドブレーカーを重ね着し、首にはマフラーを巻くなど、しっかり防寒対策をするのがおすすめ。携帯カイロもあると重宝します。


沖縄釣り体験クラブでは、釣り道具のすべてを無料でレンタルしていますので、手ぶらで気軽に船釣りをお楽しみいただけます。釣り体験は、短時間で楽しめる1時間半のプランと、じっくり楽しめる3~4時間のプランをご用意。沖縄の釣りを2つのプランからお選びいただけます!


陸で楽しむアクティビティ

海から上がった後も、2月ならではの沖縄を楽しみましょう。


■さくらまつり

2月前半までは、沖縄各地で「さくらまつり」が開かれています。沖縄の桜は、濃いピンク色が特徴のヒカンザクラ(緋寒桜)。開花から花が散るまでの期間が長いので、見ごろの桜を長く楽しめます。


■サトウキビ収穫体験

2月はサトウキビ収穫の時期でもあります。沖縄各地の農園や観光施設で「サトウキビ収穫体験」を行っています。夏の日差しを浴びてすくすくと育つサトウキビは、人の背丈を軽く超えるほどに成長します。収穫に必要な道具は鎌1本。沖縄旅行の思い出にぜひ。


■プロ野球春季キャンプ

2月はプロ野球のキャンプシーズン。沖縄では多くの球団がキャンプを行います。各球団のトップ選手や憧れの選手の練習を間近に見ることができるチャンスです。



【まとめ】沖縄の2月の海は最も寒い。防寒対策はしっかりと!寒くても楽しみ方はいろいろ♪

2月の沖縄の海は、平均水温が21℃ほどで、1年の中で最も水温が低くなります。多くの海水浴場も閉鎖されており、海水浴をする人はいません。


1年で一番寒い2月の海に入る場合、南国沖縄といえども保温効果の高い厚手の生地で作られた冬用のウェットスーツを着用しましょう。


海に直接入らなくても海を満喫できるのが沖縄の海のよいところ。ホエールウォッチングでは、2月はクジラとの遭遇率が高いといわれています。短時間で楽しめる船釣りもおすすめ。タイトになりがちな旅行のスケジュールに楽々組み込めます。


陸上でもさくらまつりやサトウキビ収穫体験、プロ野球春季キャンプなど、この時期ならではのアクティビティが目白押しです。


2月も沖縄旅行を満喫してくださいね!



関連記事

  • 1月の沖縄の海についてご紹介!冬の楽しみ方は?の画像

    2019年11月26日 沖縄釣りの季節について

    1月の沖縄の海についてご紹介!冬の楽しみ方は?

  • 沖縄の12月の海についてご紹介!釣り体験は水温も心配いらず♪の画像

    2019年10月29日 沖縄釣りの季節について

    沖縄の12月の海についてご紹介!釣り体験は水温も心配いらず♪

お気軽にご相談ください。

TEL.098-989-7870【電話受付時間】 7:30~19:00

お問合せ・ご予約

集合場所:真栄田漁港
駐車場完備
〒904−0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田1398-6